野菜作り応援ブログ!

農地も農機具も家ないゼロから新規就農で農業をしています!これから農業を始めてみたい方の参考になるような記事を書いていきます!

農家が西野亮廣さんと直接対談してみたよの巻「西野亮廣エンタメサロン」

僕は農業をしているのですが、なんか最近マンネリ気味で何か面白いことに挑戦したくなって「西野亮廣エンタメサロン」というオンラインサロンに入会しました。入会の経緯はこちら↓
www.iihara-farm.com

先日西野さんが刊行される新刊『新世界』のプロモーションの一環として、「西野亮廣とFacebookのDMで対談できる券」が販売されていたので、入会して1ヶ月もたっていないニワカにも関わらず思い切ってポチってみました。

なので、今回はその対談内容を紹介します!...と、その前に、僕が入会してからこの1ヶ月間、オンラインサロンで体験したことを紹介します。

1 西野さんがオーナーをされているスナックCANDYへ行って「ホームレス小谷」さんの面白話を聞いて、ベロンベロンに酔っ払いながら西野さんの絵本を買い、トイレに行くのを忘れておしっこちびりながら帰る。(ホームレス小谷さんは1日50円で何処へでもいく面白い人)

f:id:iihara-farm:20180926204951p:plain

スナック『キャンディ』ファンクラブ - CAMPFIRE (キャンプファイヤー)

2 自分の農園のロゴをデザイン部で募集したらめっちゃ良い感じのロゴを提案してくれる方(神様)がいらっしゃった。神様仏様サロンメンバーの皆様に感謝です。

f:id:iihara-farm:20180930170929j:plain

3 2代目ダサいダンサーズとして西野さんと一緒に年末にUSAを踊ることになった、あまりのダサさに西野さんから100点の0点をいただいた。そしてふくらはぎが爆発し歩けなくなった。(なぜダンスを踊るのか?考えちゃダメ)

f:id:iihara-farm:20180927182918j:plain

4 で、こうして西野さんと直接FacebookのDMで対談させてもらうことができた。

正直この1ヶ月はクソ面白いことばかりで、「まじで」劇的に環境が変わりむしろ「何でもっと早くに入らなかったんや」と後悔する次第であります...さらに毎日西野さんの投稿する面白記事を読める。これで月額1000円ですからね。

つまり何が言いたいかというと

確かにオンラインサロンって怪しい?イメージもあるかもですけど、入ったらメッチャ面白いよってことです。のでちょっと興味があれば騙されたと思って入りましょう!『西野亮廣エンタメサロン』↓

f:id:iihara-farm:20180904055344p:plain

オンラインサロン|西野亮廣エンタメ研究所

前書きが長くなりすいません、では本題の対談内容の紹介になります!(僕の質問文が長ったらしい所があったので、若干修正しています、西野さんのコメントはそのままです) 

宜しくお願いいたします!

宜しくお願い致します!サロンに入ったばかりですが、毎日刺激的な体験させていただいて目から鱗の毎日です!ありがとうございます!質問です。西野さんはプロジェクトを立ち上げる時「誰を守るか」を最初に決めるとコメントされてたと思います。そこでお伺いしたいのですが、西野さんが守りたい人はどんな方でしょうか?またなぜ守りたいと思われるのでしょうか?

守りたいのは「声の小さい人」です。弱いもの同士で組んで、自分たちよりも強い相手に仕掛ける方がゲームとして、楽しいからです。

なるほど!強敵に仲間が協力して立ち向かうのは少年漫画の王道ですし、物語として面白い、知恵も必要だし、ゲームとして楽しいですよね!西野さんは「ディズニーを倒す」最近では「Amazonを倒す」などおっしゃっていますが、そうした常に強敵に挑む姿勢ともリンクします!最新刊『新世界』ではオンラインサロンが焦点になると思いますが、運営する上で「声の小さい人」が協力できる仕組みも当初から意識されたのでしょうか?

そうですね。行き当たりバッタリのことが多いのですが、「声の小さい人が参加できる仕組み」に関しては、結構前から考えていましたね。たとえば、「一般の主婦が西野と一緒にディズニーに挑む経験ができるようにするには、どんなシステムを作ればいいのか?」とか、「サラリーマンでもスターの経験ができるような仕組みは何かないかなぁ」とか。基本、そんなことばっかり考えています(^ ^)

確かにクラウドファンディング や、オンラインサロンで行われていることがまさにそうですね!起業家の方だけではなく、サラリーマン、主婦の方も自由に意見を出し合って西野さんの物語の一員になっています!西野さんは一歩踏み出すには「勇気」ではなく「ロジック」が大切だと、前著『革命のファンファーレ』で書かれています。オンラインサロンにも僕みたいな人が「一歩踏み出せる」「ロジック」が散りばめられていると思いますが、西野さんが「ロジック」の大切さに気付かれたきっかけなどあるのでしょうか?

ボク、数年間にわたって、日本のタレントで一番叩かれてきたのですが、よくよく考えると、気持ちが滅入ったことが一度も無かったんです。それって、僕のハートが強いのではなくて、単純に、僕のことを叩いている人のロジックが穴だらけだったので、一意見としてカウントしてなかったんですね。その時、ロジックで優位に立つことの大切さを知りました。

ほとんどの否定的な意見はただの「感情論」たったのではと思います。「ロジックのない感情論」では気持ちは分かるけど、人は動かないですよね!実際今では西野さんを叩く人もほとんど見かけなくなりました。まさに「ロジック」の勝利ですね!オンラインサロンの次のステージとして「声の小さい人」が自らサロンオーナになれる時代がやってくるのかな?と思います。とはいえ「声の小さい人」にとってオンラインサロンを運営するにはまだまだ課題も多いかと思います。西野さんがオンラインサロンを運営する上で大切にされていることは何でしょうか?

『読みモノ』として月額1000円のモトが取れるように意識しています。

なるほど!そう考えると、西野さんのオンラインサロンは月額1000円のメルマガとも言えますね!読みモノとして人を楽しませる作家力がメチャ大事ですね!西野さんは成功は「方法」×「努力」ほとんどの人が「やり方うんぬんの前に努力量が足りていない」「まずは圧倒的に努力しろ!」と書かれています。努力も一歩踏み出すためには「ロジック」が大切だったように、コツなどあるのでしょうか?ごちゃごちゃ言ってねーでやれ!ならすぐやります!

ま、単純に、失敗しないと「勘」は磨けないので、失敗したもん勝ちで、失敗しないもん負けですね。なので始めた方がいいと思います。

失敗しないもん負け!そう考えたらどう転んでも「勘」は磨けるんだから、何も恐れることはないですね!すごい参考になりました!もっと失敗します!最後に新刊『新世界』について、ここを読んでほしい所など教えて頂きたいです!

オンラインサロンの本質と、少し先の未来について語っています。そちらを。

お忙しい中インタビューさせて頂き、良い経験になりました!ダサいダンサーも頑張ります!ありがとうございました!

ありがとうございました!

以上、かなり緊張しましたが、なんとか対談(質問?)をさせて頂けて内心ホットしています。対談自体普段することがないので、思い返すと反省点ばかりなのですが、西野さんもおっしゃる通り失敗しないと「勘」は磨けない

なので、あれこれ考える前にまずはやってみる、で、「失敗したもん勝ち!」って気持ちで何事もチャレンジしようと思えたのが今回対談させてもらった一番の収穫でした。

11/6日に西野さんの新刊『新世界』が発売されます、僕自身最近西野さんをフォローし始めたばかりですが、この先の未来がどうなるのか?常に面白いことにチャレンジする姿勢から学ぶことがめちゃくちゃありました。よかったらぜひご一読ください。僕は読みます。↓

新世界

新世界

 

 ブログも面白いよー↓

ameblo.jp

ではまた。